日本の暦の考え方の中に節気というものがあります。

二十四節気(にじゅうしせっき)と呼ばれ「春夏秋冬」という四季の移り変わりを、さらにそれぞれ6つにわけ表したもので、昔の人たちにとって生活・農業などにとっても重要な指標の一つでした。

現在でも、二十四節気は季節をあら合わす指標であったり、節気に合わせて行事が行われたりと日本人の生活に上手に取り込まれています。

ここでは二十四節気について学んでみましょう。

四季節気旧暦西暦
立春(りっしゅん)1月節2月4日頃
雨水(うすい)1月中2月19日頃
啓蟄(けいちつ)2月節3月5日頃
春分(しゅんぶん)春分の日2月中3月21日頃
清明(せいめい)3月節4月5日頃
穀雨(こくう)3月中4月20日頃
立夏(りっか)4月節5月5日頃
小満(しょうまん)4月中5月21日頃
芒種(ぼうしゅ)5月節6月6日頃
夏至(げし)5月中6月21日頃
小暑(しょうしょ)6月節7月7日頃
大暑(たいしょ)6月中7月23日頃
立秋(りっしゅう)7月節8月8日頃
処暑(しょしょ)7月中8月23日頃
白露(はくろ)8月節9月8日頃
秋分(しゅうぶん)秋分の日8月中9月23日頃
寒露(かんろ)9月節10月8日頃
霜降(そうこう)9月中10月24日頃
立冬(りっとう)10月節11月7日頃
小雪(しょうせつ)10月中11月22日頃
大雪(たいせつ)11月節12月7日頃
冬至(とうじ)11月中12月21日頃
小寒(しょうかん)12月節1月5日頃
大寒(だいかん)12月中1月21日頃
四季節気
立春 ・ 雨水 ・ 啓蟄 ・ 春分/春分の日 ・ 清明 ・ 穀雨
立夏 ・ 小満 ・ 芒種 ・ 夏至 ・ 小暑 ・ 大暑
立秋 ・ 処暑 ・ 白露 ・ 秋分/秋分の日 ・ 寒露 ・ 霜降
立冬 ・ 小雪 ・ 大雪 ・ 冬至 ・ 小寒 ・ 大寒

お手紙を書く際に季節に合った時候の挨拶を添えてみよう

時候の挨拶